中林慎介 お金のウラワザ 詐欺? 評判は? レビュー - パソコンを使って副業!

中林慎介 お金のウラワザ 詐欺? 評判は? レビュー

わたしのブログを訪ねていただき、ありがとうございます。



パソコンを使って副業!~ネットビジネス攻略ガイド 管理人のヨシヒコと申します。



注意 2017.3.24追記
この記事は推測に基づいています。

その後、ある人から得た情報をもとに真相を追求しています。

真相はこちらをご覧いただければ幸いです



今回扱うオファーは

もう随分と宣伝をしていますが

どのレビューワーさんも扱っていません。



そんなこともあってか

たくさんの方からどのようなオファーなのか

問い合わせを頂いております。

そこで、わたしがオファーの内容について

予想してみることにします。



それでは、今回のオファーをみてみます。



中林慎介 お金のウラワザ





画像001



以下、特定商取引に関する記述からの抜粋です。

運営元:お金のウラワザ運営事務局

販売責任者:中林慎介

メールアドレス:info@est-ab.com

商品内容に関する注意書き:
本商品の内容は、お客様の利益やお客様の希望する結果を保証するものではございません。



まず、今回のオファーの特徴は

特定のビジネスを扱ったわけではなさそうです。

というのも、中林慎介さんはこんなことを書いています。



それは、国が主導する政策に連動してある申請用紙に必要事項を書いて提出するだけで毎年150万円~250万円程度を数10年受け取れるというある「制度」のお話です。





ここから、転売やアフィリエイト

または、ギャンブルや投資といった

レベルの話ではなさそうです。



とはいえ、確実に稼げるモノかと言うと

それは話しが違いそうです。というのも

特定商取引に関する記述の注意書きを見れば分かります。



本商品の内容は、お客様の利益やお客様の希望する結果を保証するものではございません。



という、無料オファーにありがちな

いつもの注意書きが書いてあるからです。

そこで、もしかしたら、コレではあるまいか

というのを書いておくことにします。



以下

・年収300万円以上のサラリーマンという書きっぷりが気になります

・おそらくはコレではなかろうかと予想します

について書くことにします。



中林慎介 お金のウラワザ 年収300万円以上のサラリーマンという書きっぷりが気になります





まず、セールスレターを眺めて

気になる箇所があったんで抜き出しておきます。



画像001



つまりは、何らかの仕事に

就いている必要がありそうです。

また、サラリーマンという

言い方を多用している点も気になります。

こんな感じですね。



・年収300万円以上のサラリーマンの方なら誰でも~

・将来が不安だといったサラリーマンの方に~

・今日は年収300万円以上の頑張るサラリーマンの方々に~

・制度の利用者は普通のサラリーマン




ここから、ある条件に合致している

サラリーマンであれば誰でも申請できるようなものでしょう。



中林慎介さんは随分ともったいぶって書いていますが

総務関連の仕事をしている人が知り合いにいれば

簡単に教えてくれる制度ではなかろうかと推測できます。




というのも、中林慎介さんの書きっぷりを眺めていると

ここまで書いているにも拘わらず

具体的な制度の中身に関しては全く触れていないからです。



中林慎介 お金のウラワザ おそらくはコレではなかろうかと予想します





そこで、ヨシヒコなりに

中林慎介さんのお金のウラワザについて

考えてみました。



・年収300万円以上のサラリーマンが申請できる

・申請して支払われる金額は年額150~250万円くらい




とくれば、わたしには

傷病手当金としか考えられないんですよね。



傷病手当金(しょうびょうてあてきん)とは、健康保険法等を根拠に、公的医療保険(健康保険、国民健康保険、船員保険、各種共済組合等)の被保険者が疾病または負傷により業務に就くことが出来ない場合に、療養中の生活保障として行われる給付(金銭給付)である。雇用保険の傷病手当とは名称がよく似ているが、全く異なる制度である。以下では特に記さない限り、健康保険における制度について述べる。




要するに、病気で仕事を休んでいる人が

療養中に貰える給付として申請できる制度です。

この傷病手当金を貰えるには働いていることが条件です。

であれば、傷病手当金と考えて構わないかと考えます。



詳しくはwikiなどを参照していただきたいのですが

傷病手当金は1年半に渡って給付されますが

その後、職場復帰してある程度の月数を働けば

休んだ際に改めて傷病手当金を申請できます。



ただ、引っかかるのがどのような病気であれ

傷病手当金を受け取っている間は

現在従事している仕事を休まなければいけません。

仕事を休まなければ傷病手当金は貰えません。



また、傷病手当金を提示したとしても

中林慎介さんにどのようなメリットがあるのか

この点がよく分かりません。



ここから先は妄想も入りますが考えてみたのですが

受け取った傷病手当金を元手にした

中林慎介さんが何らかのビジネスを提案してくる可能性があります。



まあ、傷病手当金を貰っている期間は仕事は出来ないので

名目は仕事ではなく、別の何かになるのだと思いますが。

そうでなければ、中林慎介さんにメリットのある話ではないですからね。



結論を書きますが

傷病手当金はサラリーマンや公務員として働いており

病気などで長期療養を余儀なくされている人であれば

誰でも申請できます。



中林慎介さんのお金のウラワザを読んでいて疑問に感じるのは

その制度を明かしてしまう寸前で止めていることですね。

要するに、傷病手当金の存在をオープンにしてしまうと

中林慎介さんにとってデメリットがある訳ですよ。



まあ、そうはいっても

中林慎介さんのお金のウラワザの正体は

傷病手当金なのかはわたしにも分かりません。

なので、場合によってはメールアドレスを登録した上で

中林慎介さんのお話を聞かれてもいいかもしれません。



ただ、その話で何を提案してくるかは見当が付きません。

なので、ここから先は自己責任でお願いいたします。



ここまで読んでくださりありがとうございました。



少しでもお役に立ちましたら応援お願いします。




それでは失礼します。



[追伸]

パソコンを使った副業について何から始めていいのか

また、わたしがどういった「コピペとクリック」の手法で

毎月数万円を稼いでいるのか

気になられた方はこちらまで連絡を下さいね


スポンサーサイト

2017.03.17|コメント(2)トラックバック(-)Edit
コメント
非公開コメント

nileinvestmentという会社のマンション投資の勧誘でした。

2017-03-23 22:32 from -

ありがとうございました

情報ありがとうございました。おかげで謎が分かりました。

2017-03-24 14:50 from ヨシヒコ

Copyright © パソコンを使って副業! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます